スクリーンプリントで
人が集まる、人が喜ぶ

すぐにはじめられる「スクリーンプリント」って︖

お客さまのデザインを、いろいろな素材に印刷できるようなワークショップをはじめてみませんか︖
昔ながらの「シルクスクリーン」は、製版に時間がかかったり、⽤意するものも沢⼭あって、なんだか難しいイメージですよね。

でも、RISO DTS* のスクリーン製版機なら、初めての⽅でも簡単に、プリンター感覚で製版ができるので、すぐにワークショップをはじめることができます。

場所を選ばないスクリーン製版機「マイスクリーン」

スクリーン印刷は、広い作業場がないとできない・・・と思っていませんか︖
⼩型で持ち運びができる、RISO DTS* のマイスクリーン エーフォーなら、屋内はもちろん、屋外のイベントから出張ワークショップまで、あらゆるところで活躍します。

あなたのワークスペースに
スクリーン製版機「ゴッコプロ」を!

もし、すでにあなたのワークスペースに、ミシンやレーザー加⼯機が置いてあるなら、ぜひスクリーンプリントをプラスして、ものづくりの幅をひろげましょう︕

スクリーン印刷は、布をはじめ、紙や⽊材などの⽴体物にも印刷ができ、お⼿持ちの機材との組み合わせで、制作の幅がひろがります。

RISO DTS(RISOドライ感熱製版システム)は、フィルムと紗をラミネート加工したスクリーンマスターをサーマルヘッドの熱で穿孔させるCTSシステムです。乳剤を使わない新時代のスクリーン製版技術で、お客様のビジネスを変えます。

risologo
GOCCOPRO Forum